審査の合格基準

キャッシング業者に限ったことではありませんが、お金を誰かに貸す業務をしている会社は相手の返済能力を必ず審査するようになっています。審査の結果、返済を安定して続けていけそうにないと判断されれば審査に落ちることになります。

 

ですから申し込むときは自分が審査に通るのかどうかを知りたいと思うわけですが、残念ながら細かな審査基準というのは公開されていません。大雑把に対象年齢や最低限必要な年収などは示されることもありますが、具体的に何円の収入があれば何円借りられるといった情報は公開されていません。

 

もちろん、融資限度額が大きい業者や、金利の低い業者ほど審査で落とされる確率が高いという傾向はあります。しかし、その人が審査に通るか通らないかは申し込みをしてみないと分かりませんから、とりあえず最初はやや審査の厳し目のキャッシング業者にトライするのも良いでしょう。

 

キャッシング業者はいくつも存在していて、そして審査で何を重視するかというのは業者によりけりです。どこかの業者の申し込みに落ちたとしても、それが他の業者の申し込みに影響することはありませんし、キャッシングを利用したいという気持ちが強いなら、いろんな業者に挑戦してみるようにしましょう。

 

ただし、立て続けに色々な業者に申し込みをするのはおすすめ出来ません。急ぎで即日借りる融資で利用したいからと、何社も連続で審査を受けるとマイナスになってしまいます。

 

キャッシングが利用できない人

キャッシングの審査基準は業者によって違うとは言っても、どんな業者でも落とされてしまう人はいます。まず、よくあるのはすでに借り入れが多すぎる人です。キャッシング業者は申し込みした人の借り入れ状況を把握する手段を持っていますから、すでに借り入れが多い人は返済能力不十分とみなされ落とされてしまうのです。

 

また、無職で収入がない人は当然、審査に通ることはありません。就職活動を終えて内定をとったばかりの場合はどうかと気になる人もいると思いますが、その場合も審査には通りません。あくまでも今現在、働いているということが必要になるのです。仮にまだ仕事についていないのに申し込みをしても在籍確認ではねられることになります。バイトの場合も同様でバイトの面接に合格した直後の状態では審査には通らないのが普通です。

 

年金を受給している人の場合は審査に通ることもあります。審査では年金以外の収入があるかどうかを含めて総合的に判断されます。ですが現役で正社員として働いている人よりは審査で不利になることを知っておきましょう。またそもそも年金受給者の場合は収入以前に年齢制限に引っかかることも多いですから、事前に何歳までOKか調べておくといいでしょう。

 

ちなみに、銀行は消費者金融に比べると利用可能年齢が低い傾向にあります。消費者金融大手のプロミスよりも、銀行からの借り入れのオリックス銀行カードローン審査の方が対象年齢が低くなっているので、注意が必要です。